【1歳の知育玩具】手作りフェルトおもちゃ「動物の紐通し」~0歳・2歳以降も遊べる!~

1才手作りおもちゃ ひもとおし

かわいい我が子へ心を込めて作る、手作りのおもちゃ。

月齢・年齢に応じたおもちゃを作ってあげるのがベストと思いつつも、子どもの成長は本当にあっという間…!

管理人もも
手作りの物を作りたいと思っていてもとにかく不器用で...。

今日はとっても可愛らしいフェルトグッズを「あずみ」さんに紹介していただきます♪

あずみ
あずみです。せっかく作るなら、長く使えるおもちゃを作ってみたい…!

そんな思いから、今回みんなが大好き、動物園の人気者たちのひもとおしをご紹介させていただきます☆

作り方・ポイントと遊び方・注意点などを中心に、紹介させていただきます!

良かったら参考にしてみてくださいね。

1歳児におすすめ!手作りおもちゃ「動物の紐通し」の作り方

1才手作りおもちゃ ひもとおし

用意するものは、作りたい動物の種類や個数によって若干変わりますが、写真のおもちゃの場合(赤ちゃんの手のひらサイズの動物6種類)は、以下のものです。

材料
カラーフェルト
→1体につき12~3cm角のフェルト2枚。
耳や紐の飾りを作る場合はもう少しプラスすると良いかも
適量
綿など中に入れるもの
→動物パーツを硬めにするかふわふわにするor
お好みで量の調節を!シャカシャカ音を楽しむ素材を入れてみても楽しいかも
適量
手縫い糸
→動物のカラーに合わせるときれいに仕上がりますが、白糸や余った糸でもOK!
目をつけるために、黒色はあった方が良いです
数種類+黒糸

→なんでもいいですが、絡みやほつれが起こりにくいものが長持ちします
20~25cm前後
裁縫セット 針・はさみ等
型紙用の厚紙 適量

 

 

リングパーツの作り方

作り方を紹介します。以降、動物を「リングパーツ」、紐を「紐パーツ」とさせていただきます。

step
1
ドーナツ型を書く

厚紙にドーナツ型の、基本となる二重円を描きます。

大きさはお好みでOKですが、適度な大きさのコップやテープ・コイン等で円をとると、早くきれいに描けるかと思います!

作りたいサイズより少しだけ大きめの円を意識してみてくださいね。

step
2
動物の耳部分の型紙を作る

ドーナツ型をベースに、耳の小さい動物(今回はネコ・クマ)は耳の部分の出っ張りをつけた型紙も作っておきます。

ウサギ等は、サイズに合った耳も作っておきます。(本体に差し込む部分があるので2~3mm長めに作ります。)

step
3
カットする

型紙に同色2枚のフェルトを合わせて、各動物のベースとなる円をカットしていきます。

step
4
顔を作る

円2枚を縫い付ける前に、先に顔を作っておきます。

それぞれの動物の、頬や飾りとなる小物を、余ったフェルトやお好みの布でサイズを合わせてカットし、3で切った片側の表面に縫い付けます。

円形布の端に寄りすぎないよう気をつけてくださいね。目やひげも糸(小さく切った布でも、お好みで)で縫いながら、顔を作っていきます。

糸はすべて裏面で止めてください。

step
5
塗う

4で作った円と同色のもう一方を重ね合わせ外側の円を返し縫いで強めに縫っていきます。

耳を挟む場合はここで挟んでおきます。

step
6
綿を詰めて完成

綿を少しずつ詰め、形を整えながら内側も縫っていき、完成です。

 

紐パーツの作り方

step
1
両端に飾りをつける

両端に飾りをつけたい場合には、紐パーツ飾り用の型紙をお好みで作ります。

サイズはリングパーツの内側円より少し大きめくらいがおすすめです。(飾りをつけない場合は紐の端がほつれないよう結んだり加工をして完成です。)

step
2
フェルトをカット

リングパーツ同様、2枚ずつ型紙に合わせてフェルトを切ります。

step
3
アレンジする

柄となる部分を先にアレンジします。

step
4
袋状に縫う

表のデザインが完成したら、紐との接地面以外を袋状に縫います。

step
5
完成

紐を1cmほど入れて縫い付け、完成です。

 

動物のひもとおしを作る時のポイント・注意点

ママご自身のお好みで自由に楽しく作っていただければと思いますが、子どもの年齢と発達を踏まえ、以下の点に注意して作ってみてくだいね。

 

紐の長さを長くしすぎない!

紐を長くしすぎると、首に絡んでしまったり持って立つと踏んづけて転んでしまったり…というリスクが上がってしまいます。

1歳の子へのプレゼントには、適度な長さ(首に絡まない長さ)が良いと思います。

 

本体の大きさは、完成形で5cm以上に、糸の始末もしっかりと!

ピンポン玉以下のサイズのものは、赤ちゃんの誤飲のリスクがあります。

穴が開いているのでボール等よりは安全ですが、念には念をで安全なサイズで作ってくださいね。

糸も飛び出していると、噛んでちぎって綿を口に入れてしまう…という心配も。

あずみ
うさぎの耳等飛び出す部分も含め、しっかりと縫ってくださいね。

ビーズや外れる素材の装飾は避けて!

上に同じく、まだなんでも口に入れてしまう可能性の高い子どものおもちゃには、万が一外れた時にリスク因子となってしまう素材のものは極力使わない方が良いでしょう。

目はビーズで作るとかわいいですが、できれば黒糸で。もし使うなら、かなりしっかり縫ってあげてくださいね。

めだまシール等は取れやすいので不向きです。

 

ウォッシャブル素材の布がおすすめ!

長く使う予定の方は、必須ではありませんが、洗って乾かして衛生的に長く使い方はぜひ!

 

実際にひもとおしで遊んだ子どもの様子

1才手作りおもちゃ ひもとおし

あずみ
我が子を思ってチクチクと…。

少し手間のかかる作業ですが、完成したら長くいろいろな遊び方ができるのが、このおもちゃの嬉しいポイントです!

 

ひもとおしとして遊ぶ

1才手作りおもちゃ ひもとおし

まずは、このおもちゃの製作目的とも言える遊び方を紹介します。

紐に動物を順番に通していきます。

はじめは難しいので、ママがお手本を見せたりお手伝いをしてあげてくださいね。

ひもとおしは、上着の紐ボタンの練習をはじめ、手先を器用にし生活上の知育にもなりますし、集中力を高めるという効果もあります。

つみつみ遊び・ごっこ遊び

1才手作りおもちゃ ひもとおし

リングパーツを4つくらい作れば、積み木のように積んで遊ぶこともできます。「一つ、二つ…」と積めた数を数えてあげるのも知育になりますね。

また、動物なのでごっこ遊びのぬいぐるみにも使えるかと思います!

管理人もも
すごい!!実はうちの息子が1歳の時積み木を積んでいたのですが転んでしまっておでこを切った過去があるのでこれなら安心☆

 

0歳の赤ちゃんの「にぎにぎ」にも

1才手作りおもちゃ ひもとおし

妊娠中や、新生児が寝ている間のハンドメイドにも、このひもとおしはおすすめです!

もちろん0歳児にひもとおしはまだ難しいですが、はじめは動物をにぎにぎとして赤ちゃんににぎらせてあげることもできますよ!

あずみ
かわいい我が子のファーストトイにも、良いかもしれませんね!

1才手作りおもちゃ ひもとおし

あずみ
写真は生後10ヶ月の娘で、手づかみ食べを始めた頃のため、ドーナツのように口へ運びます…笑

管理人もも
にぎにぎしてるー☆可愛いですね♪しかも10ヶ月の赤ちゃんにも持ちやすい大きさ。

 

メリー・モビールとして

写真はありませんが、形状的にインテリアや視覚的に楽しむおもちゃにも適しているかと思います。

他にもいろいろな遊び方ができるかもしれません。

生後2ヶ月頃(市販のにぎにぎが対象年齢とする頃)~お子さんがこのおもちゃを卒業するまで、長く活躍するおもちゃになると良いですね!

 

1才におすすめ手作りおもちゃ「ひもとおし」まとめ

私がこのおもちゃを作る際には、ハンドメイド好きの方のサイトを参考にさせてもらいました。

「新しいものを考えたり細かい作業が苦手なので、なんでも真似をするところから…」な私ですが、今や専門店にわざわざ行かなくとも、このようにネットでいろいろ見ることができたり、100円ショップ等でプチプラで材料がそろうのも、なかなか家を出たり時間が取れない育児中にはとっても助かりますよね。

お子さんの好みに応じて、食べ物や乗り物等いろいろな形で作ってみても面白いかと思います。

(円形にこだわる必要もありません!)

少しでもおもちゃ作りの参考になると嬉しいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
あずみ

あずみ

4歳差兄妹のママ、娘は平成最後の夏生まれです。産前は小学校・学童保育・認可/無認可保育園で働き、現在は在宅でライターをしています。自分もお世話になった子育てメディアに恩返しできるよう、初心を忘れずがんばります♪

-1歳, 2歳, 知育玩具・絵本
-,

Copyright© 年子母ちゃんの幼児教材 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.